カラコンの安全性

カラコンの安全性

みんカラ カラコン

カラコンは直接目の中に入れるものなので、安全性には注意が必要です。

 

そして以前は不具合のあるカラコンも多くあったため、深刻な瞳の健康被害が取り沙汰されたこともあります。

 

カラコンはそもそも普通のコンタクトレンズに色素を入れた商品なのですが、この色素が目の中で溶け出してしまうと瞳に悪影響を及ぼします。

 

また目をすっぽりと覆ってしまうため、酸素透過率も問題になってきます。あまりに酸素透過率が低いカラコンを使うと、角膜が酸欠状態に陥るため目に障害を負ってしまうこともあります。
けれど現在日本に正規ルートで輸入されているカラコンであれば、このようなことは起こりません。

 

なぜなら今正規ルートで流通している商品は、製造国や輸出国できちんとした法規制を受けているからです。

 

みんカラ カラコン

反対に言うと、正規ルート以外で流通している商品は法規制を受けていない場合が多く、安全が保証されているとは言いがたいのが現状です。

やはりカラコンを購入する時は、きちんと正規ルートで輸入しているお店で買うようにした方がいいでしょう。

 

どうしても不安のある方は、日本製の商品を選べば問題はありません。
日本においてカラコンは高度医療機器とされており、他の医療機器と同じように厳しい審査を経て承認を受ける必要があります。

 

この承認が安心の証だと言えるでしょう。
そしてカラコンそのものの安全性を確認した上で、使い方はこちらが気をつける必要があります。
どういう商品でも同じことですが、カラコンも正しい使用方法やお手入れをしていないと安全とは言えません。
私たちが正しく扱うことで、カラコンの安全性はより増していきます。

カラコン ワンデー

皆さんはコンタクトレンズが医療器具に属することはご存知でしょうか?

 

コンタクトは目の角膜を覆うように被せるため、眼を傷つける可能性もあり、その使用には十分気をつけなければいけません。安全なコンタクトを用意しなければ、目の病気や怪我につながる恐れがありますので、安全管理はきちんと行いましょう。

 

というのも、コンタクトの中でもオシャレ重視のカラコンを使用して、視力が低下し失明にまで至ったという報告があげられています。コンタクト、特にカラコンを利用するならば、必ず安全に配慮されたカラコンを使うように十分に気を使いましょう。

 

ここで気になるのは、安全なカラコンの見分け方ですよね。最近では、インターネットでも様々なカラコンが販売されていますので、カラコンも選びたい放題です。でも、そこで安全なものを選ばなければいけません。

 

実は、安全なカラコンには見分け方があります。日本製のカラコンならば、「高度管理医療器具承認番号」という番号が記載されているかどうかを確認しましょう。承認番号が記載されているのであれば、そのカラコンを製造元は厚生労働省の承認を得ているという証を持っています。つまり国が認めている安全なカラコンを製造しているということです。

 

また、インターネットで買えるものは、海外製のカラコンも数多くあります。海外の場合にも、日本同様に安全なものを見分けるポイントが国ごとにあるので、カラコンを購入する人は覚えておきましょう。

 

韓国製のものならば、韓国食品薬品安全庁の承認を意味するKFDAが安全なカラコンの目印です。アメリカ製であればFDAになります。

 

さらに、ヨーロッパならば、国の欧州委員会企業産業総局という機関であったり、EUの機関がカラコンを管理しています。なので、ヨーロッパ製のものはCEマークというマークが共通して安全基準を満たしている安全なカラコンと覚えておきましょう。

 

日本だけでなく海外でも国の公共機関の承認があるカラコンを選ぶことが重要なポイントです。ただし、いくら国の承認がある製品でも、正しい使い方をしなければいけないことをしっかりと覚えておきましょう。

 

また、カラコンや通常のコンタクトのケアを怠れば、安全性の低いカラコン、コンタクトになりますので、注意しましょう。

 

そのため、カラコンの取扱説明書であったり、眼科にかかっている方は医師の説明などをきちんと守ることを心がけてください。

 

その上で、きちんとしたカラコンの使い方、ケアの仕方を実施して目を危険から守ることが大事です。また、最近では利用期間を守らない人もいますが、大切な目を守るために必ず利用規約も守ってください。