娘と一緒に初カラコン

娘と一緒に初カラコン

高校生の娘は普段からコンタクトを使っているのですが、今まで使っているコンタクトが使い終わったらカラコンにしたいと言ってきました。
都会の方ではわかりませんが、私たち一家の住む田舎では高校生がカラコンをして登校している子などいません。

 

ですので、学校にして行かないことを最大限の約束とし、次の期末テストの成績次第で、カラコンの購入を考えると娘に伝えました。
娘が目カラコンの為に必死に勉強している間、どんなものがあるのかネットで見ていると、コンタクトレンズのカラーバリエーションが豊富にあるだけでなく、レンズのサイズまで色々とあり驚かされました。

 

しかも度の入ってないものまであり、コンタクトは度が入っていて当たり前だと思っていた私は、ただ、ただ驚かされるばかりでした
。しかも1日使い捨てレンズのワンデイまであり、レンズの色もナチュラルな感じのタイプもあったので、ここ10年近くメガネ専門でしばらくコンタクトを使ってなかった私ですが娘と一緒にカラコンを使ってみたくなりました。

 

ようやく娘の期末テストも無事に終わりカラコン購入のボーダーラインも、なんとかクリアしたのでネットで娘のカラコンを購入することにしました(*^_^*)
最初の約束通り休日限定のカラコンなので夏休み目前とはいえ部活のことも考えワンデーを選択。
カラーを選ぶのに相当迷いに迷っていましたが初めてということで大きな冒険は避け茶系と黒系に絞り込みました。

 

その中でも濃いカラーだったり薄いカラーだったり、さまざまな種類があったので、そこでもまた迷っていましたが、最終的にコンタクトの淵が黒く真ん中がこげ茶色のタイプを選びました。

 

私は、さすがに娘と同じカラコンをする勇気がないですし、初めてのコンタクトなので近くの眼下に行き普通のカラーコンタクトレンズを購入しました。
娘同様、冒険するのにちょっと勇気がいるタイプなので茶色系を選択しました。

 

数日してコンタクトが手元に届き娘がカラコンを装着してみると、本当に目が大きく見えました。
コンタクトの淵が数ミリ黒くなっただけで、こんなにも印象が変わるとは驚きでした。

 

娘もかなり気に入った様子で何度も鏡を見たり兄や弟に見せて上機嫌でした。
値段もお手頃でしたし、つけまつげやウイッグと同じ様に、あるいはメイクをする感覚で手軽にオシャレを楽しむ為のアイテムの一つなのだと実感しました。
"